3歳児が約分をホットケーキで理解しちゃった?!親勉流おやつのあげ方

Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

お食事やおやつの時間って
分数や小数の学習を取り入れるのに
もってこいです。

未就園児からでも始めれる分数の概念を身につける方法
この中でも
生活の中への取り入れ方を
ご紹介しましたが
今回は我が家の体験談を
ご紹介いたします。

 

我が家ではできるだけ
分数・小数の表現に慣れてほしくて

コップのお水が半分になれば
「2分の1飲んだね〜」

ご飯のお代わりも
「どれだけいる?
2分の1?10分の1?」

おやつのクッキーを半分に分けて
「0.5こずつだね」

こんな会話が普通です。
特に説明することもなく
ただサラッと会話の中に
分数や小数表現を入れているだけです。

 

3歳児から突然と分数アウトプット

こんな会話に慣れてきた先日
3歳の娘から突然のアウトプットがありました!

ホットケーキ

おやつにパンケーキを出した時
4分の1にカットしたので

私「4分の1だね。4分の1を2個あげるね」
娘、パンケーキをしげしげと見ながら
「4分の2ってことは、2分の1だね✨」
ビックリ!!!!!

約分がわかったんだ!と
親バカ炸裂してしまいました。

生活の中に分数表現を使い出して
1ヶ月ほどだったと思います。

3歳でも毎日
分数の数字に触れていることで
自然と理解していくことを
体験した瞬間でした。

 

子どもに説明はいりません!

まだうちの子小さいから・・・
と躊躇するのではなく、
すんなり言えるようになるまで
何度も繰り返しを続ければいいんです。

概念が分からなくても、
まずは言い慣れることが大事!

何度も体感することで
自然とその意味を理解していきますよ。
こどもって天才ですね。