お料理の最中だって 子どもを賢くすることができる?!楽しくお手伝いして夕方の兄弟ゲンカにさようなら〜

お料理で子どもが賢くなる?
Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

毎日の夕食の用意っていかがですか?

夕食の献立を考えて
作る作業だけでも
お母さんは大変!
な・の・に

幼稚園帰りの夕方
お疲れモードの子どもたちは
なんだか喧嘩っ早くてドキドキします。

 

喧嘩を回避するためにも
我が家はできるだけ
子どもたちには夕食作りに
参加してもらっています
一緒に料理

そして一緒に料理する時にするのが
理科の声かけ!

 

例えばサラダ作り

昨日の我が家の夕ご飯は
カレーライスとサラダでした。

サラダは
トマトとブロッコリーです。
茹でたブロッコリーに
湯むきしたトマトを混ぜて
ドレッシングで和えたもの。簡単!

サラダ

さて理科の声かけ、チャンス到来です♬

まずはトマトのヘタを取ってもらいながら
「トマトはどの部分食べてるかわかる?
お花が咲いた後にできる実を食べるんだよね」

「ブロッコリーはどの部分を食べているのかな?
葉っぱかな?茎かな?」

(じっくり観察しながら)
ブロッコリーはお花のつぼみだよ。
太い茎から分かれた小さい茎の先に
小さなお花のつぼみがたくさんついてるね」

 

お鍋のお湯が沸いたら
お水が沸騰100℃!」

「ブクブク出ている泡は水蒸気。お水が変身した姿だよ」

「氷もお水が冷たくなって変身したんだよね。」

「氷が固体、お水が液体、お湯から出てくる泡は気体だよ。」

固体、液体、気体の3つの状態の変化が
日常生活の中で身近に見られる
特別な物資が”水”なんですよ。
(実は他にそういう物質ってなかなかありません)

 

 

こんな風にサラダ一つでも
声かけはたくさんありますよね。

なかなか理科の知識がないっていう方は
まずは英語をルー大柴的なノリで
言ってみるのもいいですね♬

「Tomato!」

「Broccoli!」

「Cut!」

「Boiling water!」

こんなことも続けていくと
子どもからの自然なアウトプットが促せますよ。

お料理の最中だって
子どもを賢くすることができるんです。

声かけのポイントは?

声かけのポイントは「継続」です!
子どもが例え聞いていなくても
なんどもなんども
テレビCMのようにつぶやいていると
聞いていないようでも
子どもの頭(スーパーコンピューター)に
ちゃんと入っています。

特に大好きなお母さんと
楽しくお料理した時に話したことは
あっという間に記憶してくれますよ。

 

ぜひ今日の夕食作りから何か一つ
声かけ始めてみてください!

 

そうはいっても、
なかなか声かけ方法が分からない!という方
親勉体験会開催中です♬

生活の中での声かけのヒントが満載です。
親勉体験会についてはこちらです!