【書籍】「算数ゲームブック」遊びながら算数センス磨いちゃう!遊びがいっぱいなお得な本のご紹介です。

ゲームで算数センス磨く
Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

遊びながら算数力・算数センスが
アップできちゃう?!
しかも遊びが12種類と
てんこ盛りなお得な本をご紹介します♪

「みんなで遊ぼう!算数ゲームブック」

その本は・・・

じゃじゃん!

 

算数ゲームブック

「みんなで遊ぼう!算数ゲームブック」
秋山仁監修
Gakken

対象が小学1年生〜6年生とありますが、
未就学児さんでも楽しめる
部分たくさんありますよ。

 

我が家で使ってみた感想

長女3歳の時に購入。
はじめは「ピザの分数ゲーム」
「たしひき計算すごろく」から遊びました。

 

「ピザの分数ゲーム」は、
”1/2”と”1/12”を比べた時に
1/2の方が大きい!と一目でわかります。
分数の感覚をつかむのにもってこいです。

はじめは子どもと一緒に
いろいろなピース(分数の大きさ)を使って
1枚のピザを作る遊びをしました。

結局、このゲームから
分数ピザのおままごとに発展することもあり
使い方は自由ですが、楽しんでいます。

特に低年齢の場合は
臨機応変に
子どもが提案した遊びに
「That’s a good idea!」
受け止めて
自由に遊ぶのがコツだと思います。

ピザで分数

 

「たし算ひき算すごろく」
2つのサイコロを振って
70マス目までは出た目の「たし算」の和
70〜100マスまでは「ひき算」の差分だけ
駒を進めれます。

自分の番になるたびに計算をするので
計算をしている意識なく
たくさん計算ができるところが秀逸です。

またゴール100マスまでの道のりで
1〜100までの数を
「50は100のゴールまでの半分」など
感覚として捉えられるように自然となる
ところもいいですね。

なかなか普段の生活の中で
1から100までの数を
しかも連続的に意識することって
難しいと思いますが
スゴロクなら簡単です♪

算数すごろく

難易度があるので、
年齢とレベルに合ったものから
チャレンジして
長く使っていこう〜という気持ちで
購入されるといいですよ。

12種類もゲームがついていて
ゲームのバリエーションも豊かです。
きっとどれかは
お子さんに合うものがあるはずです。

ちなみに小学生であれば
ドンピシャで楽しめるものばかりです!

遊んでいるだけで計算や図形のセンスが身についちゃう?!

何がいいって
ズバリ!
ゲームなのですべて競争です!

競争って
楽しくて、ついつい本気が出ちゃいますよね。
みんなで遊んでいるうちに
計算や図形のセンスが自然に身につくなんて
お得だと思いませんか?

以下、本文からの抜粋

「楽しい!勝ちたい!」という気持ちが
算数センスを効果的に鍛えます。

楽しみながら算数のセンスが養える
競争型のゲーム12種類を付いています。

(中略)

ゲームでは、自分が不利になることもあるでしょう。
そんな場面では、次の手を工夫しなければなりません。
問題を解決する「より良い方法」を
探す姿勢が身につきます

同時に勝つための手を工夫するだけでなく、
未知のカードはどのようなものか
相手や仲間がなにを
どんなふうに考えているのか
推理する場面もあります

自分の世界だけでなく、
周囲の様子や相手の気持ちや考えを
おしはかれる力も養われ
コミュニケーション能力の発達にもつながります。

こうした考える遊びで養われた力は
算数のテスト問題を解くだけでなく
お子さんの成長につれ
「考える技術」として身につき
未知の問題を発見、解決する力に
発展していくに違いありません

付録として
サイコロやボードも付いていますので
買ってからすぐに遊べます。

ただサイコロ等が厚紙製で
あまり耐久性がないのが
ちょっとおしいです。
「楽しいゲーム、大切に使おうね!」
と繰り返し言っています。

でも破れたり壊れたりしたら
もう一冊買ってもいいかなと思うほど
優秀なゲームブックです。

どんな内容?算数レベルいろいろです

一口に「算数」といっても
分野がいろいろありますよね。

本にあるゲームは
以下の「算数」からなっています。

・足し算・引き算

・繰り上がりのある足し算
繰り下がりのある引き算

・かけ算

・分数の足し算

・道のり・速さ・時間

・時計の読み方

・図形

・論理・推理

多岐にわたるので
お子さんの得意なところから
「楽しそう、やってみたい」という
気持ちを大事にしてくださいね。

そしてゲームですので
どんな手を使っても
子どもには勝ってもらって
気持ちよく算数大好きになってもらいましょう♪

ゲームで遊んでいるだけで「算数のセンス」が磨かれるなら最高!

基本のルールをアレンジして
お子さんの年齢やレベルに合った
マイルールで遊んでもいいと思います。

遊びは自由!

遊びながら「算数のセンス」が磨けれる
算数ゲームブックの活用おすすめです!!!