折り紙で鍛える算数力ー知育に役立つ折り紙の使い方

折り紙で算数図形センス
Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

100円ショップで手軽に用意することができる
折り紙

日本人なら誰しも
遊んだことがあるものですよね。
正方形の紙から
様々な形の作品が作り出せ
子どもは折り紙遊びに
夢中になりますよね。

実は折り紙は手先の発達だけでなく
声かけ次第で
算数力を鍛えることだってできる
万能アイテムなんですよ!

折り紙折り鶴

手先の発達・集中力・達成感いろいろあります脳が喜ぶ折り紙の効果

手先を器用に使う能力を
巧緻性(こうちせい)といいますが
この巧緻性が子どもの知能と
大きく関わっていると言われます。

また折り紙は片手ではできません。
両手を上手く使って
左右で違う動きをしつつ
助け合わなければならなく
高い集中力を必要とします。

さらに単なる「紙」という
超シンプルな材料で
造形物を生み出すことで
創造力も培われますよね。

 

もう脳によい刺激を与えることができる
万能教材と言っても言い過ぎじゃないです!

折り紙で知育

知育に役立つ折り紙で算数力を鍛えよう!

折り紙を使って算数力を鍛えようと言う時
単にたくさん折り紙を折るだけでは
算数力にはつながりません

見えない線を想像する力と
図形の言葉かけを意識しながら
遊ぶことが大切です。

あらためて”正方形”の折り紙を見てみましょう。

折り紙の形は
4つの角がどれも直角90度
辺の長さも同じな”正方形”です。

ほら!
折り紙の形を見ただけで
たくさんの算数の言葉が出て来ましたよ♪

角・直角・90度・辺・正方形

折り紙

図形を想像し、イメージする声かけを

折り紙をななめに半分に折ってみましょう。

「直角二等辺三角形」ができました!

声かけは・・・
「斜めに折ってみようか!
どんな形になると思う?」

(実際に折り紙を折って)

「直角二等辺三角形は
2つの辺が同じ長さで
直角が一つあるね。」
「紙の広さを面積っていうんだよ。
じゃあ面積はどうなった?
直角の角度はどうなった?」

などなど

面積や角度、分数の考え方も
折り紙を折る体験から自然と吸収され
手を動かし、考えることで
図形をイメージすることが
できるようになります。

試行錯誤を通して、算数を考えることを楽しみましょう

折り紙遊びを通じて
「できた!」という喜びとともに
イメージと体感から
算数的な感覚を楽しく養うことが
算数力を大きく伸ばす鍵だと言えます。