英検ジュニア・ゴールド受験!フォニックス学習の成果も見られた結果でした。

英語を読む力フォニックス
Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

昨日、長女(4歳1ヶ月)
英検ジュニア・ゴールドを
オンラインで受験しました。

英検ジュニアゴールド

(英検ジュニアについてはこちらの記事もご参考に)

3ヶ月間の契約期間中
ゲームと模擬テストで繰り返し勉強し
チャレンジしたテストでした。

結果は正解率76%。
次の段階に行く目安が80%ということで
目標には達しなかったものの
よくできた結果だと思います。

何より45分間
集中力を切らさずに
テストをやり遂げたことの方が奇跡✨

全般的に
リスニング問題は
よくできていました。

得点がのびなかったのは
英語の「読み」です。

フォニックスで読もうとするものの
とにかく遅い。
読んでいる間に
制限時間が過ぎ
次の問題に移ってしまう状態で
ほとんど得点がとれませんでした。

とは言え、
音を一つ一つ読んで
それを合成し(ブレンディング)
単語として認識する一連の作業を
ゆっくりながらも着実にできているのは
日頃の成果を感じました。

今後の課題も見え
英語学習がひと段階進んだように感じています。

 

やっぱりフォニックスって大事!

未就学児さんに英語を自宅で取り組む場合
ネックになるのが英語の「読み」では
ないでしょうか?

正直、英検ジュニアくらいでしたら
頻出単語を丸暗記でも
十分対応はできると思いますが
丸暗記ではお母さんの負担も
子供の負担も大きい。

ここはやはりフォニックスを
急がば回れで教えるべきだと思います。

フォニックスとは・・・

フォニックスとは
『文字(綴り)と音の関係』に
関する教授法や学習法のことで、
日本語でいえば『五十音』の学習に
あたる部分かもしれませんね。

英語の読み書きの
一番の基礎とも言えるでしょう。

ジョリーフォニックスHPより抜粋)

フォニックスを学ぶことで
「英語が読める・英語が書ける」
という技能が身に付くのです。

ジョリーフォニックス

そもそもどうして日本の英語教育に
フォニックスが出てこないのか
すごく疑問です。

おかげで
当時中学生だった私は
nameを「ナメ」とカタカナ読みして
必死に覚えていました(涙)

だってフォニックスルールを使うと
知らない単語でも読めるようになり
発音もとても綺麗にできるようになるんですよ。

 

我が家のフォニックス教材大公開♬

我が家では
長女が2歳頃から
フォニックス教材として
ジョリーラーニング社の
Jolly Phonicsを使っています♬

ジョリーラーニング社のホームページ
http://jollylearning.co.uk/

日本語サイト
http://jollycc.com

Jolly Phonicsは、
イギリスの小学校の先生が開発された
「楽しい」「こどもにやさしい」
フォニックス教材です。

ジョリーフォニックス

この教材、私も子供たちも大好きです!

なぜってとにかく絵が可愛い

そして教材には
Talking Penが付いていて
音声が出るのが楽しいのでしょうね(^^)
ペンでタッチして
自分で音源を再生しては
リピートを繰り返しています。

各レターサウンドにオリジナルの曲と
サイン(手振り)が付いているので
体を動かしつつ、
楽しく取り組むことができます。

ダイグラフ(2文字で1つの音になるレター)以外は、
2歳児さんとかでも始められちゃうと思いますよ。

 

また嬉しいのが
ジョリーフォニックスには
無料のアプリがあります。
サウンドやゲームで楽しみながら
フォニックスを学習できちゃいます。

教材を買わなくても、
まずはアプリから学習を始めるのも
アリだと思います。

ジョリーフォニックスアプリ

フォニックス習得は道のり長し

フォニックスはなかなか習得に時間がかかるものですが
ルールを一旦理解してしまえば
7割ほどの英単語が読めるようになる
お得な学習です。

また読むことに抵抗がなくなるので
その後、英語の多読へ
自然と進むことができるのも
メリットだと思います。

ジョリーフォニックスは
読みに続いて、
グラマー教材もあり
長くお付き合いできるものだと言えます。

我が家も亀のように
ゆっくりな歩みですが
子どもが自力で
英語の本が読めるようになるよう
細く長く続けていってます。