国語辞典の選び方⭐︎辞書引き遊びがしたくなる3つのポイント

辞書選びと継続のポイント
Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

以前
「国語辞典が勉強机に鎮座しているなんてモッタイナイ!辞書引き遊びで使いたおそう♬」
記事で辞書引き遊びをご紹介しましたが
今日はその大事な国語辞典の選び方と
辞書引き遊びがしたくなる仕掛けをお話しします。

いろいろな辞書

辞書引き遊び3つのポイント

本屋さんに行くと
平積みでたくさんの国語辞典が並んでいます。

 

ここで悩むのが、どんな国語辞書を選べばいいのか?
まずは辞書選びから〜

 

(1)辞書選び

まず子どもが引いて
子ども自身が読めるように
漢字に全て読み仮名がふってあるもの
絶対条件です。

 

次に、実際に同じ言葉を
数冊の辞書で引いてみて

解説文が一番しっくり
くるものを選ぶ
といいです。

 

意外と出版社ごとに違いがあるので
子どもが覚えている「ことわざ」や
「四字熟語」「歴史人物」なんかを
引いてみると
違いがわかって面白いですよ。

 

またこの辞書はお子さんが使うものです。

 

ぜひ、辞書選びの決定権は
お子さんにしていただいて
一緒に本屋さんに行き
上記のアドバイスをしつつ
お子さん自身で気に入ったものを
選ばせてあげてください

 

次に辞書のスタンバイ方法
選んだ辞書を継続して使うポイントです。

(2)辞書についている付属の箱とカバーは迷わず捨てましょう!

使うたびにいちいち箱から出すのは面倒です!

 

すぐに使えるように
また使っている時のストレスを
少しでも減らすために
付属の箱とカバーは
捨ててしまいましょう!

 

大丈夫です。
辞書引き遊びをすることで
付箋がたくさん貼られて
そもそも箱には入らなくなりますから(笑)

辞書引き遊び

「勉強の定着」を望むなら
手間のかかることは
出来るだけ省いておいた方が良いです。

 

どんなに良いものであっても
使い勝手が悪ければ
それは自然と使わなくなっていってしまいますよね。

 

お子さんがすぐに勉強ができる状態を
整えてあげることは
とても重要なことです。

 

(3)辞書の置き場はリビングのテーブルに置きっ放し!

リビングのテーブルの上を定位置とすることで、
自然と手に取る機会も増えるようになります

 

そのうちテレビから聞こえてくる言葉に反応し、
辞書を引くようになったら
お母さんはしめしめ・・・ですよね(^^)

リビングルーム

以上の3つのポイントを押さえつつ
楽しく辞書引き遊びを
してもらえたらなと思います。

 

付箋がたくさんたまった辞書を
満足げに見ている子どもを見るのが
最近の私の喜びです(^^)

 

 

お家で楽しく遊びながら
勉強する学習法「親勉」

親勉って何?という方
ぜひ、遊びながら勉強する方法を
ご自身で体験してみてください♪

親勉体験会ご案内はこちらから。

 

↓直近の親勉体験会の予定↓です。

【 親勉体験会 】

■ 日時・場所
  2017年7月04日(火)10:30〜12:00(東京:渋谷)
  2017年7月03日(月)10:30〜12:00(横浜:あざみ野)
  2017年6月30日(金)10:30〜12:00(横浜ららぽーと)残席3

※場所の詳細は、ご入金後ご連絡差し上げます。

■ 参加費
お一人様 3240円
※お友達同士やご夫婦などで使えるペア割 2名様 5400円

■ お申し込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S31869035/

 

お子様もご一緒でのご参加も大歓迎です!