年少さんが「原子モデルカードゲーム」で化学の世界の扉を開ける!?

化学の世界
Pocket

1週間で勝手に勉強する子供に変わる
楽しい家庭学習法を実践中♬
さんすう大好き
親勉インストラクターのあみたにちえこです。

 

私、10代〜20代の頃は
「三度の飯より化学が大好き♡」
化学三昧な生活をしていました。

 

今も心は熱き化学者なんですよ(^^)

 

ですから化学の世界の面白さは
子ども達にも伝えたいなと思っています。

「原子モデルカードゲーム」これってどうなの?

原子モデルカードゲーム

さてタイトルにある「原子モデルカード」
存在は知っていたものの
正直、幼稚園児に
元素記号を教えることに
どれほどの意味があるのかと
ちょっと購入を控えていました。

 

が、ちょっと工夫次第では
楽しくできるかな〜と思い
ダメもとで試してみようと
長女(4歳1ヶ月年少)と
遊んでみました・・・

 

結果、これまでにないくらいの
ハマりよう!

 

しかもルールが簡単なので
4歳児でもすぐに理解できて
楽しく遊べました。

 

むしろ楽しすぎたようで
今朝も「もっとゲームやりたい!」と
すっかり中毒気味です(^^;)

 

ゲームはとてもシンプルです。

 

札山からカード(原子)を
順番に引いていき
役(化合物)を作るもの。

 

化合物が出来た時の決め台詞
「結合!」
と言えるのが楽しいみたいです(^^)

 

役の合計点を競うのですが
我が家はまだその段階ではありません。
単に化合物をたくさん作って楽しんでいます。

 

説明書に役(化合物)が
25種類載っているので
小さい子でも遊ぶことができますよ。

 

またもっとレベルアップして
役を増やしても面白そうです。
あと追加で白紙のカードも付いているので
原子を増やすことも可能です。

原子モデルカードゲームをもっと楽しく♪

 

分子構造模型

やっぱり子どもには
紙面だけでなく手に取って
H2OとかO2とか感じてもらいたかったので
カードゲームと一緒に
「分子構造模型 分子モデル」を購入しました。

 

これもヒット!

 

(実は、学生時代これが欲しかったんですよね。
でもお金がなくて・・・買えなかったんですよね〜。)

原子モデルカードゲーム

役のそろったカードと分子模型を組み合わせて
「O2で酸素できたね〜」
「H2Oで水できたね〜」
とカードの上においてあげたら
興味津々で触っていました。

 

カードゲームの後も
分子模型でつくった酸素と二酸化炭素で
呼吸のについて
「内臓の大きさ説明エプロン」を使って
おままごと。

内臓の大きさ説明エプロン

母「くっ、苦しい〜。酸素ちょうだい!」

子「はい、どおぞー、気管を通って肺にいきます」

母「血液から二酸化炭素運ばれてきました」

子「はい、二酸化炭素出ますー」

 

文字にすると、かなり微妙なおままごとですが
やってみると楽しかったですよ(笑)

娘も昨日初めて知った単語と思えないほど
すっかり酸素と二酸化炭素を使いこなしていました。

 

楽しく遊びながらであれば
幼児には難しいそうな化合物名だって
子どもはスポンジのように吸収してしまうということを
目の当たりにしたカードゲームです。

 

幼稚園児から大人まで楽しく遊んで学べるので
とてもオススメです!

 

お家で楽しく遊びながら
勉強する学習法「親勉」

親勉って何?という方
ぜひ、遊びながら勉強する方法を
ご自身で体験してみてください♪

親勉体験会ご案内はこちらから。

 

↓直近の親勉体験会の予定↓です。

【 親勉体験会 】

■ 日時・場所
  2017年7月04日(火)渋谷
  2017年7月03日(月)あざみ野
  2017年6月30日(金)横浜ららぽーと 残3
時間:10:30〜12:00

※場所の詳細は、ご入金後ご連絡差し上げます。

■ 参加費
お一人様 3240円
※お友達同士やご夫婦などで使えるペア割 2名様 5400円

■ お申し込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S31869035/

 

お子様もご一緒でのご参加も大歓迎です!